softbank携帯サイト

 携帯電話のウェブサイトは、オフィシャルのサイトと、勝手サイトと言われる一般の方々が作られているサイトの2系統が存在します。

 オフィシャルサイトは、もちろんユーザーであるsoftbank携帯のために作られているため非常に閲覧しやすいです。
 しかし、個人ユーザーの勝手サイトに関しては、少々困った点が多いです。

 softbank携帯は、DocomoやAUに比べると後発で、まだまだユーザーも少ないです。
 そういった理由から、勝手サイトはDocomoやAU向けに作られていることが多いです。

 携帯のサイトは、パソコンからは閲覧できないようにしているサイトが多いです。
 プログラムで、閲覧しに来ている機種(Docomoなのか、AUなのか、softbankなのか、PCなのか・・・)を判別しています。

 ユーザーの機種によって、見やすく表示されたり、PCでは閲覧できないようにしたりしています。

 現状の勝手サイトのほとんどはDocomoかAUを判別しています。
 そして、それ以外だったらPCと判断して閲覧禁止の処理がされることが多いです。

 したがって、softbank携帯はPCとして扱われ、そのサイトを閲覧できないことが多いです。
 特に、少し古いサイト(昔から運営されているサイト)に、そういう設定がされており、修正されていないケースが多いです。

 そう言った意味で、softbank携帯はまだまだ少数勢力なんだな〜って、感じてしまいました。

softbank携帯パケット

 携帯電話の用途が、電話からメールやWebへ意向してきています。
 あなたも電話用途よりも、パケット通信の方が使用頻度が高いのではないですか?

 私も、パケット定額制にしています。

 以前は、ドコモを使っていましたが、ドコモのパケット定額制は一律の値段なんです。

 少ししか使わなかった月でも、一定額の料金を取られてしまうのも、いやなものです。
 とても損した気分です。

 しかし、softbank携帯は違います。
 パケット定額制も下限と上限が設けられていて、あまり使わなかった月には下限の値段、上限を超えればいくら使っても上限の価格です。

 これって、とても安心ですよね?

 そういったところが、softbank携帯を使っているメリットです。

 softbank携帯は、これからアンテナ設置も増え、ますます使いやすくなっていくでしょう。
 新機種も次々と開発され、ワンセグ携帯も全ての機種に搭載されるかもしれません。

 料金プランも、ますます多彩になってきて、さらに使いやすくなっていくのではないでしょうか?

softbank携帯の欠点

 予想外割など、料金制度が人気のsoftbank携帯ですが、不便なこともあります。
 いままで、Docomoを使っていましたので、その違いをお話してみます。

 DocomoやAUに比べると、softbank携帯は後発で、まだまだユーザーも少ないです。
 したがって、Web上でのさまざまなサービスがDocomoなどに比べると、圧倒的に少ないです。

 着うたや着メロ、ゲームや占いなど、まだまだsoftbank携帯向けのものは少ないです。

 Web上で、「いいコンテンツ見つけたな〜」って思っても、softbank携帯は対象外だったりします。
 私が株式投資に使っている、楽天証券もDocomo向けのリアルタイムカブボード(ispeed)を無料サービスしています。
 softbank向けには使いづらい、Webのみの公開です。

 ここらへんは、やはり絶対的なユーザー数の不足からくるものでしょう。

 料金プランや新機種の開発に重点を置くばかりではなく、環境の整備が必要だと思います。
 そうすれば、格安料金の魅力だけに頼らなくても、ユーザーが増えていくのではないでしょうか?

 料金の魅力+ブランドの魅力で、softbank携帯が発展していけば、ますます使いやすくなると思います。

softbank携帯の新機種

 Vodafone携帯からsoftbank携帯に変わったことをきっかけに、相次いで新機種が登場させました。

 softbank携帯は、いままでAUやDocomoの後塵を拝しきました。
 そんな鬱憤を晴らすような、新機種攻勢です。

 ワンセグ放送や音楽機能など、きめ細かくユーザーのニーズをにあわせて来ました。
 機能も多彩で、選ぶのに迷ってしまうような新機種達です。

 まずは、カタログを手に入れてじっくり検討するのがいいと思います。
 自分のライフスタイルに、ぴったりと合ったsoftbank携帯が見つかると思います。

 ユーザー側にも、softbank携帯は料金が安いだけの携帯会社という、印象は薄れてきているように思えます。

 多彩な機能の面からも注目するようになってきているのではないでしょうか?

 softbank携帯は、通話エリアの拡大のために、精力的にアンテナも設置しているようです。

 社長の孫さんも、昔からのユーザーで、電波の悪さの問題には前々から改善の必要性を感じていたようです。

 会社のTOPが、そういった発言をしているということは、アンテナの問題は早期に改善されることでしょう!

love定額

 softbank携帯のサービスで、私が最も嬉しいのはlove定額です。

 特定の人と、月額315円で話し放題ですよ!
 もちろん、softbank携帯同士でなければなりませんけど。

 めちゃくちゃ安い料金じゃないですか?

 love定額とは言っても、別に恋人同士でなくてもいいみたいです。
 愛がなくても大丈夫!もちろん男同士でもOK!
(男同士で、愛があってもかまいませんが(爆))

 あ、私はもちろん恋人とlove定額です(笑)

 毎月数万円話してます。
 先月は52,640円でした。

 これは、私から掛けた分ですから、向こうからの通話料金を含めると、軽く月に10万円はしゃべってます。
 大丈夫か?softbank(笑)

 あと、家族割も月額315円で話し放題ですね。

 知人の家族は、内線代わりに使ってるようです。
 そのうち、隣にいても電話で話したりして(笑)

 予想外割など新料金体制になって電話料金が安くなり、消費者側にとっては全くありがたいことですね!

softbank携帯は風雲児

 softbank携帯が、携帯業界にさまざまな波紋を呼んでいます。

 私も、携帯番号ポータビリティー化する少し前から、softbank携帯に変えています。
 そのときは、Vodafoneだったんですがね。

 softbank携帯の料金形態で、家族割りとLove定額を利用したくて交換しました。

 今では、予想外割などと言う料金プランも増え、新機種もぞくぞく投入されて、携帯市場を改革する風雲児的な役割を担っていますね。

 新機種と言えば、ワンセグやipodとの連携機能が気になっています。
 まあ、購入したばかりなので、今のところは機種変更する予定はありませんが・・・

 Docomo携帯から、softbank携帯に変更するときに、従来からのsoftbank携帯ユーザーに相談したところ、「アンテナの数が少ない(?)しエリアが狭いので、田舎では不便だよ!」と言われました。

 私の自宅は、ちょっと(かなり?(笑))田舎で、Docomo携帯でも電波の状態が悪く、アンテナも1本くらい立つのがやっとと言う有様でした。

 softbank携帯にはかなりの不安がありましたが、Docomo携帯よりも電波の状態が良くアンテナも常時3本です。

 結果的には、変えて良かったということですね(笑)

 softbank携帯ショップもDocomo携帯ショップと比較すると、サービスも良いような気がします。

 空いていて早く対応してもらえるから、そう感じるのかもしれませんね(笑)